レターパックでリチウムイオン電池内蔵の物を送付するのはちょっとめんどくさい

Ads

以前の記事で簡単ですね!とかいっときながらレターパックプラスを送るときにすったもんだがありました。Ankerのバッテリ内蔵プレミアムステレオスピーカー(A3143)の代替品がとどいてレターパックプラスに入れるところまでは以下の記事に。

修理対象品はBluetoothスピーカーA3143、程よく低音が響くスピーカー。悪いところは起動音がでかいこと。これまじでどうにかならないのかな?

ポストにいれるだけだな。と思っていたけど、どう考えてもポストの投入口に入る厚みではない。。 スピーカーだから当たり前だけど。

郵便局へ持っていく

郵便局は遠くないのでもっていくことに。とことこてくてく。

想定していた流れ

これ送付お願いします。

郵便局員

はいわかりましたー

実際の流れ

これ送付お願いします。

郵便局員

スピーカーですか! 重いですね。バッテリーとか入っていませんか?

内蔵のバッテリーは入っています。

郵便局員

ではバッテリーの種類をおしえてください。

リチウムイオン電池だと思います

郵便局員

では、品名のところにリチウムイオン電池と記載してください。

はーい。

φ(`д´)カキカキ

郵便局員

お預かりします

郵便局からでてしばらく歩いていると、後ろからダッシュの郵便局員!

郵便局員

すいませーん。もう一枚書いてもらうものがありましたー!!!

郵便局にもどって記載しなければいけないというものを見せてもらうと

どうやらこのようなシールにも連絡先、種類、包装基準を記入する必要があるらしい。

そして種類とか 包装基準とか が非常にわかりにくい。。危険物ではないリチウムイオン電池とかなんとか。。 包装基準も機器を動かすのに必要なものとかなんとか。正直どれを選べばいいのかわからんしw

郵便局員に聞きながら記入して預けることができました。
どのように記入すればいいかの表があるので見せてもらいましょう!

モバイルバッテリーもリチウムイオン電池だと思うのでレターパックで送るのにはめんどくさそうですね。

Ads
Ads